SERVICE 3
CONTRACTS
ビジネスモデルやマネタイズのポイントを踏まえた利用規約の作成、Startup側の利益を守るための契約書作成を支援いたします。
  • POINT 01
    利用規約のデザイン
                     
    プロダクトをローンチする際には必ず必要となる「利用規約」。
    これらの組み立て方次第で、その後のプロダクト展開が強固かつ安定したものとなります。
    また、当該サービスに対する法規制の在り方も、利用規約によって大きく変わってきます。
    起業家が実現したいビジネスモデル・マネタイズのポイントを維持しながら、それを最適な形で表現するための手段として利用規約があるのです。
    TOPCOURTではこういった視点で利用規約をデザインするのはもちろんのこと、仮にモデルの修正が必要な場合でも、ビジネス上の収益性も維持した形で利用規約を再デザインいたします。
  • POINT 02
    プライバシーポリシーのデザイン
                     
    利用規約とセットで作成すべき「プライバシーポリシー」。「個人情報保護方針」ともいいます。
    個人データが収益化できる時代となり、中国の「芝麻信用」等のスコアリングビジネスを始めるなど、多くのサービス内で個人データの活用が模索されています。
    これを可能するのが「プライバシーポリシー」です。プライバシーポリシーに不備があると、将来の大きな収益機会の喪失や、ユーザからの批判等のコスト増に直結することさえあります。
    TOPCOURTでは法的な視点のみならず、ビジネス目線も加味してプライバシーポリシーをデザインいたします。
  • POINT 03
    契約書のレビュー/作成
                     
    業務委託、アライアンス、営業代行など、起業家は日々さまざまな契約を交わしていかなければなりません。
    大企業と契約する際には先方から送られてくる契約書を「レビュー」し、ときには自分たちで契約書を「作成」する必要があります。
    契約書法務にまつわる経験値が足りていないと、気が付かないうちに不利な条件に承諾させられているなど、潜在的なリスクを抱えたまま事業を続けていくことを余儀なくされてしまいます。
    TOPCOURTでは、起業家側に発生する負担を巻き取りつつ、ディールブレイクを回避しつつ起業家側に最大限有利な形に契約書をデザインいたします。
CHECK THE PRICE
TOPCOURTコミュニティに参加しませんか?
あなたのビジネスや法的なお悩みを気軽にお話ください。私たちがすぐにフォローアップいたします。
TALK WITH US